2011年10月21日

Tomorrow's Champion 10.26

写真と記事:瀬尾泰章

_MG_6357.jpg

アンディ・オロゴン選手(平仲) と うすい祐介選手(石川)
彼らが出場する、Tomorrow's Champion が10月26日(水)に、後楽園ホールで行われる。

_MG_6359.jpg

_MG_6360.jpg

_MG_6111.jpg

うすい選手といえば、同じジム(石川ボクシングジム)で汗を流し、うすい祐介選手はじめ、ジムの若手選手を応援し続けている、高田一信教授だ。

試合を目前にむかえ、緊張感漂うジムの中。トレーニングに、スパークリングに熱のはいる選手たち。トレーナー、マネージャーもそれ以上に熱が入る。

余計な事は考えない。無心で一点を見つめる選手たちのまなざしは熱い!

_MG_6247.jpg

_MG_6228.jpg

_MG_6238.jpg

_MG_6236.jpg

_MG_6290.jpg

_MG_6301.jpg

_MG_6299.jpg

_MG_6296.jpg

_MG_6312.jpg

_MG_6329.jpg

_MG_6321.jpg

_MG_6186.jpg

_MG_6225.jpg

_MG_6343.jpg

_MG_6216.jpg

_MG_6206.jpg

_MG_6180.jpg

_MG_6279.jpg

_MG_6217.jpg

_MG_6129.jpg

_MG_6146.jpg

_MG_6346.jpg

明日のチャンピオンを目指して、選手たちの熱気を肌で感じてほしい。

10月26日(水) 18時より
後楽園ホールにて(詳細は、石川ボクシングジム

_MG_6365.jpg

高田一信教授も応援に行きます!
posted by 事務局 at 00:43| ボクサー・うすい祐介

2010年08月05日

勝たせてやりたかった...

2_MG_3415.jpg
左:田中マネージャー

勝たせてやりたかった... そう田中マネージャーは試合後涙をためていた。
すみません、すみません と応援に来てくれた人たちにひたすら謝る姿。
うすい祐介選手も、すみませんでした とみんなに深々と頭をさげてまわる。

勝負の世界はやはり厳しい。

高田教授の応援する、石川ボクシングジムの選手4名が出場したこのプログラム。

最初の3名ともTKOで勝利し、当ジムのメインボクサーである、うすい祐介選手は、はじめてランカーと対戦したが、1ラウンド TKO負けという結果だった。

_MG_3254.jpg

_MG_3264.jpg

---

_MG_3262.jpg

_MG_3285.jpg

_MG_3290.jpg

<橋口雄斗>
会長やスタッフ、応援してくれる皆さんのおかげでデビュー戦をKOで勝つ事が出来ました。攻撃も防御も課題だらけですが、これからも頑張ります。応援してください。

---

_MG_3253.jpg

_MG_3321.jpg

_MG_3342.jpg

<臼井正信>
皆さんのおかげで、何とか2勝目を挙げることが出来ました。相手選手のプレッシャーが強くて練習の50%も出来なかったのが反省点ですが、3ラウンドに痛めた左拳(骨折)の事を考えれば、ぎりぎり及第点かなとも思います。次の試合も応援宜しくお願いします。

---

_MG_3251.jpg

_MG_3349.jpg

_MG_3377.jpg

_MG_3385.jpg

<ブルース・サントス>
いつも応援してくれてありがとうございます。毎試合、全力で頑張った結果が4連勝に繋がっていると思います。10月には次の試合があるようなので、再び厳しい練習を積み重ねて勝利を掴み取りたいと思います。

---

_MG_3431.jpg

_MG_3419.jpg

_MG_3355.jpg

_MG_3441.jpg

_MG_3444.jpg

_MG_3457.jpg

_MG_3460.jpg

<うすい祐介>
今回は初めてのランカーへの挑戦だったんですが、応援に応える事が出来なくてすみませんでした。練習では強くなれた手応えがあったのですが、試合では何も出来ず終わってしまい、情けない結果になってしまいました。でも、まだあきらめずに闘い続けてランカーを目指します。これからも応援宜しくお願いします。

---

勝たせてやりたかった...

3人が勝っても、ジムのメイン選手の負けは、マネージャーにとってはかなり悔しいことだと思う。

勝負の世界。

勝ってこそしか、喜べないシビアな世界だ。

その世界から学ぶ事は本当に多い。

次回は必ず勝ってほしい。
勝ってガッツポーズしている姿、それがみんなへの最高のプレゼントになるだろう。

<高田>
出場選手、全員に勝ってほしかった。うすい選手が1Rで倒れた、早すぎるダウンだった。初のランカーとの試合にうすい選手がどう思い、この試合に挑んだかが、問われると自分は思う。意味のある負け試合にしてほしい、うすい選手の心に傷が残らずに、次へのステップになる事を祈ります。
posted by 事務局 at 00:00| ボクサー・うすい祐介

2010年04月23日

ボクシングから学ぶもの

_MG_4749.jpg

2010.4.1 Tomorrow's Champion にて

高田一信教授

『出場選手全員がKO勝ち、おめでとうございます。嬉しかったです。試合後にうすい兄弟と話し、感じたことは、兄弟愛、両親、家族思いです、「2人で親孝行が出来た」って嬉しそうに言っていました。昨今、自分の事しか考えられない人ばかり、親、兄弟も無いような時代の中で、両親、家族、兄弟、ジムの皆のおかげで勝利を得たと、うすい兄弟が言ってました。背負う思いが、自分だけの勝ちではなく、“支えてくれてる皆の為に勝ちたい”と思っていたから勝てたのかなと思います。これからも、石川ジムを応援するので頑張って下さい。』

臼井正信 選手(兄) 第一試合
_MG_4619.jpg

_MG_4623.jpg

_MG_4624.jpg

_MG_4633.jpg

臼井正信 選手(兄)

『ボクシングを始めたのが大学3年の時、弟(祐介選手)が最初に石川ジムに通ってて、弟の紹介で石川ジムへ通い始めました。3年前にデビュー戦、派手なKO負け、それはら、ボクシングから離れていましたけど、今年の3月に長女の誕生で将来子供にお父さんは元プロボクサーだったんだよと、言いたくて年末からジムに復帰しました。弟(祐介選手)と、同じ日に出場し2人で勝ちたかった、両親、家族の為にも勝ちたかった。2人の今回のテーマが、“4.1やってやるゾ!!”が、テーマでした。兄弟で勝てた事が親、家族孝行出来たと思いますし、皆でKO勝ちでき良かったです』

ブルース・サントス 第三試合
_MG_4648.jpg

_MG_4686.jpg

_MG_4688.jpg

_MG_4698.jpg

石川ジム会長

『今日は、3人が揃ってKOで勝つことができました、これで石川ジムは12連勝になりました。4連続KO勝ちでもあります、このまま行ける処まで勝ちつづけたいです。』

田中マネージャー

『うすい、他3人共にKO勝ちすることが出来てスタッフ一同喜んでいます、これからも皆さんに喜ばれる試合を見せれるように選手達と一緒に頑張っていきますので宜しくお願いします。』

うすい祐介 選手 メイン
_MG_4706.jpg

_MG_4717.jpg

_MG_4734.jpg

_MG_4741.jpg

_MG_4767.jpg

_MG_4769.jpg

_MG_4771.jpg

_MG_4782.jpg

_MG_4798.jpg

_MG_4816.jpg

_MG_4833.jpg

_MG_4837.jpg

_MG_4841.jpg

_MG_4846.jpg

_MG_4852.jpg

うすい祐介 選手

『勝てて良かったです、兄(正信選手)と同じ日に出場し2人してKO勝ちでき親孝行が出来ました。両親が一番喜んでくれてると思います、これで、3連勝です。試合の減量がきつかった、きっかった姿を他の選手に見せた事が申し訳なかったです。でも、勝てたのでそれで許して下さい。年内には、ランカーと試合がしたいです、それが目標です(会長からのGoがないと・・・((笑))これから、皆を引っ張っていけるよう頑張りますので、応援お願いします。』
posted by 事務局 at 01:03| ボクサー・うすい祐介

2010年01月14日

Tomorrow's Champion うすい祐介

_C216477.jpg

撮影・高田一信 & 瀬尾泰章

文・高田一信

前回のストーリー

_C216465.jpg

_C216467.jpg

_C216469.jpg

_C216463.jpg

12月21日、後楽園ホールにて、うすい祐介選手が初の8回戦への挑戦でメインを飾る大切な試合、私(高田)と瀬尾さんが控え室に行った。田中マネージャーがうすい選手の拳にバンテージを巻いていた、緊迫感があった。

今日まで、田中Mとうすい選手が築き上げてきた結果が出る、田中Mは自分の拳にバンテージを巻くように丁寧に、今まで共に歩んで来た道程を思い出し色々な想いを込めて巻いている感じがした。

_C212009.jpg

_C216478.jpg

_C216522.jpg

ブルース・サントス(石川ボクシングジム所属
※ブルースは福生市に在る横田基地にてUS ARMY

プロデビュー2戦目、1戦目は2R TKOにて勝利。
誰もが今回の試合もTKOでの勝利を待ち望んでたかもしれない、結果は判定勝ち。ブルースの勝利を祝い US ARMY達は、スタンディングオーベーションで「Congratulations」「good job」と。

_C216535.jpg

_C216552.jpg

_C216554.jpg

_C216562.jpg

_C216579.jpg

_C216569.jpg

_C216525.jpg

_C216584.jpg

_C216530.jpg

_C216597.jpg

_C216618.jpg

_C212090.jpg

_C216586.jpg

_C216649.jpg

_C216652.jpg

_C216659.jpg

田中マネージャー
「うすいが今回の試合で自信を取り戻したら次へのステップになるね」

石川ジム会長
「ジムの選手が全員勝てたのは、奇跡に近い、来年、選手達が飛躍する事を期待します」

うすい選手は何度かTKO(ノックアウト)のチャンスがあったけど焦ることなく自分のボクシングを8回戦貫き通した感じがありました。得意のフットワークを使い続け、リングサイドからの声を聞きながら、自分を信じた結果が 勝利に繋がった。

今回の試合で石川ジム会長にとって また、四角いリング内で戦った選手達にとってこの勝利は自分への最幸のクリスマスプレゼントだったと思う。

_C216666.jpg

撮影協力・石川ボクシングジム

posted by 事務局 at 14:08| ボクサー・うすい祐介

2009年12月22日

プロボクサー・うすい祐介

ウラハラ藝大事務局記事より

420_B053982.jpg

うすい祐介
24歳、プロボクサー。

高田一信教授が、今一番応援しているボクサーである。

2_420_B054070.jpg

高田教授は、オヤジボクサーとして、週に1回、うすい選手の所属する、ここ石川ボクシングジムで汗をながす。

420_B053913.jpg

420_B053917.jpg

想像以上にハードな練習。
実際に自分が体験しないと分からないと思う。

そんな事をすぐ察知できる息づかい。

420_B054061.jpg
高田教授のマウスピース、KAZの文字が光る。

420_B054007.jpg

流した汗は嘘をつかない。

420_B053895.jpg

420_B053971.jpg
高田教授の会社の常務である、横尾進氏も社長(高田教授)と一緒に汗をながす。

420_B053922.jpg

今は、生活のほとんどがボクシングですか?という僕の問いに、『全てです』と、うすい選手はいった。

強くなりたい、ただそれだけ。

その言葉には、男としての純粋さをみた。

高田教授はそんな真っすぐな、うすい選手に勇気をもらっているのではないだろうか。だから、真剣に応援したくなるのではないかと思う。

420_B053859.jpg

420_B053956.jpg

来月、後楽園にて、うすい選手がメインを飾る大事な試合がまっている。

3_420_B053991.jpg

2009年12月21日/月曜/後楽園ホール/トゥモローズチャンピオン

53kg 8回戦
★うすい祐介(石川)vs 茂手木孝太(新松戸高橋)

この日、高田一信教授が、シャッターをきる。

※高田教授より、うすい選手へメッセージ
「12月21日まで、悔いの残らない練習をし、試合当日は、万全の体調で自分のボクシングをして欲しい、相手のペースに呑み込まれずに。試合の結果はもちろん大切だが、もっと大切なのは自分のボクシングができた中での結果だと思う」

===================================
420_B054049.jpg
撮影:高田一信 ※撮影の合間の一こま。はじめて挑戦したが、なかなか難しい。
===================================
posted by 事務局 at 11:05| ボクサー・うすい祐介