2009年03月02日

ウラ藝合宿 in 富山・高岡 2009 2月13日(金)〜2月14日(土) 
(NPO法人中越防災フロティア主催)

写真と記事:瀬尾泰章

up_2147266.jpgdown_2147266.jpg

『雪かき道師範は、ひと仕事を終えタバコをくわえた、、、』

今年も開催された、雪かき道場は、全国的な少雪のなか始まった。今回、ウラハラ藝大チームが参加したのは、富山県の高岡編。

主催者の一人である、雪の博士・諸橋和行教授のナビゲートにより今年の雪物語をご紹介しましょう。

☆★☆★☆★☆

1日目夜、地元の方々との懇親会に参加した。
雪かき師範、そして僕たち参加者は、よく飲み、よく食べ、よくしゃべり、そしてよく遊んだ。

up_2136957.jpgdown_2136957.jpg

雪かき指導を明日に控えた、師範が狙う先には、、、

2up_2136964.jpg2down_2136964.jpg

道場恒例の、『雪かきかるた』だ。

世代を超えて楽しめる、遊び。

up_2136937.jpgdown_2136937.jpg
up_2136893.jpgdown_2136893.jpg

そして地元のおかあさんとの会話は心が和んだな。

お母さん名前は?

おっ、わしけぇ? とみこ。

名前を聞いて、名字でなく、したの名前で返事が返ってくると、なんだか嬉しくなる。

とみこ、、、さんね。

楽しい時間は夜遅くまで、、、といきたいが、ここはあくまで『道場』
早めに切り上げて、明日の本番に備えたのだった。

up_2147352.jpgdown_2147352.jpg

翌朝。

バスに乗り込み、山奥へと進む。

雪はあるのか?そんな不安を抱きながら、くねった山道をあがっていく。

up_2146996.jpgdown_2146996.jpg

朝の光が、木々をすり抜けて顔をかする。

ここ山奥まで来ると、太陽が届きにくいせいか、なんとか雪は溶けずに残っていた。

よし、雪だ。

up_2146993.jpgdown_2146993.jpg

雪かき道事務局の大堀さんのアナウンス。
近づいてくる、雪だ。

ワクワクする気持ちが、顔の表情に隠せずにいる大堀さん。
彼らは、雪に反応する人たち。

諸橋教授も雪の話しになるとスイッチが入るって、いっていたな。

up_2147102.jpgdown_2147102.jpg

さあ、実践スタート。

カンジキをはいて、雪を踏みしめるところからはじまる。

カンジキもその所々で、種類もはき方も違ってくるようだ。
今回は新潟小千谷塩谷式と、富山高岡式がお目見えした。

up_2147043.jpgdown_2147043.jpg

よし、歩こう!

up_2147053.jpgdown_2147053.jpg
up_2147087.jpgdown_2147087.jpg

諸橋教授と、高田教授
雪についての解説に聞き入る、高田教授。

up_2147071.jpgdown_2147071.jpg

そして、お決まりの、『ウ』参列。

up_2147064.jpgdown_2147064.jpg

諸橋教授の頼れる先輩、上村先生の講義。
右端には、雪にかくれて危険な落とし穴が。

雪が溶けかけの時期は、特に気をつけないといけない。

up_2147218.jpgdown_2147218.jpg

そしてスコップ、スノーダンプを使っての雪かきの指導。

up_2147201.jpgdown_2147201.jpg

雪を積んで、掘って、雪の重さを知り、童心に戻り、雪にふれた。

up_2147136.jpgdown_2147136.jpg

これは、お遊びではありません。
雪を運ぶのに、雪道を平にしたら、100キロの雪でも運べますっていうお勉強。

高田教授のしなりのある身体でもって、ぐい〜って進んでいきました。

up_2147137.jpgdown_2147137.jpg

up_2147120.jpgdown_2147120.jpg

雪かき道。

その道は深い。

中越沖地震をきっかけに、ボランティア育成の為に始まったこの活動も、今や小さな集落を活気づける大きなモチベーションになっている。

up_2147350.jpgdown_2147350.jpg
諸橋教授、高田教授、上村先生(長岡技術科学大学 准教授)

今年は少雪だったが、地元集落の方々の笑顔に満ちあふれていた。
ただの雪かきではないな。

そんな事を今年も改めて感じさせてもらった道場となった。

みなさんありがとうございました。

up_2147176.jpgdown_2147176.jpg

また、来年。

up_2147291.jpgdown_2147291.jpg



☆★☆★☆★☆

雪かき初級認定証授与!

up_420_snow_certificate.jpgdown_420_snow_certificate.jpg

高田一信(左上):『雪かき道場に参加して、本当に良かったと思います、人との出逢い、人の温もりを感じられました。又、なんと言っても地元ならではの食材と地酒、美味しかったです。これからも参加出来るときは参加しようと思ってます。次回は雪かき上級を取り屋根の上の雪かきを・・・ 』

高田文子(右上):『いろいろな知識・情報が得られましたまた沢山の人との出会いに心がとても暖まりましたまた是非参加させていただきたいです』

勝山蓉子(右下):『地元の人達と交流できて楽しかったです。来年、中級上級目指して、また来ます!』
 
遠藤小奈美(左下):『手作り感あふれる雪かき道場は、楽しくてあったかくて元気いっぱい!!次回もよろしくお願いします』



☆★☆★☆★☆

今年はとにかく雪が少ない。お前それでも雪国か!という状況です。だからいま一つテンションが上がらない・・・高岡市(富山県)での雪かき道場。中心部は見事に雪がありません。

ウラ藝チームの到着によってようやく私のスイッチも入りました。テンションも上昇しました。皆さん、本当にありがとう。雪かき道場スタッフ一同、感謝申し上げます。

高田一信さん:超うれしかった! 底知れない魅力を感じました。また一緒にコラボを。高田文子さん:必死に雪かきをする美しい姿に、参加者&地元師範一同は釘付けでしたね。勝山蓉子さん:次はぜひ上級を受けたいです・・この意欲に脱帽。来年も待ってます。遠藤小奈美さん:雪かき道場でも人気者でした。よく食べました。ぜひ道場スタッフに。瀬尾泰章さん:2回目の初級修了書を獲得。フォトグラファー瀬尾君の存在感は抜群だね。来年も皆様の参加をお待ちしております。

越後雪かき道場師範代 諸橋和行

ps.私の撮った写真を2枚、ご紹介します。
up_420_morohashi.jpgdown_420_morohashi.jpg
天下無敵(胃袋)の遠藤さん
「かまくら de キャバクラ」を造る高田社長とそれを撮る瀬尾君
posted by 事務局 at 00:00| 雪かき道場